コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡博 おおおか ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡博 おおおか-ひろし

1907-1981 昭和時代の歌人。
明治40年3月9日生まれ。大岡信の父。豊島逃水(とよしま-にげみず),窪田空穂(くぼた-うつぼ)の指導をうける。昭和9年「菩提樹(ぼだいじゅ)」を創刊,主宰。35年静岡県歌人協会を創立し,初代会長。昭和56年10月1日死去。74歳。静岡県生まれ。沼津中学卒。歌集に「渓流」「南麓」「童女半跏」など。
【格言など】蔵ひおきしわがマント着て受験生の群れゐるホームに子は行き隠る(「渓流」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大岡博の関連キーワード大岡信

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大岡博の関連情報