コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岳文禎 だいかく ぶんてい

1件 の用語解説(大岳文禎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岳文禎 だいかく-ぶんてい

1464-1527 戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。阿波(あわ)(徳島県)桂谷寺の茂庵樹繁(もあん-じゅはん)に師事し,その法をつぐ。桂谷寺,讃岐(さぬき)(香川県)宝光寺などをへて,樹繁の遺命で備後(びんご)(広島県)香積寺の住持となった。大永(たいえい)7年2月25日死去。64歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大岳文禎の関連キーワード宗山等貴戦国願知上坂景重受天栄祐真慧日尭(1)柳江蓮淳天祐梵嘏

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone