コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岳文禎 だいかく ぶんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岳文禎 だいかく-ぶんてい

1464-1527 戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。阿波(あわ)(徳島県)桂谷寺の茂庵樹繁(もあん-じゅはん)に師事し,その法をつぐ。桂谷寺,讃岐(さぬき)(香川県)宝光寺などをへて,樹繁の遺命で備後(びんご)(広島県)香積寺の住持となった。大永(たいえい)7年2月25日死去。64歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大岳文禎の関連キーワード戦国時代寛正

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android