コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真慧 しんね

1件 の用語解説(真慧の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真慧 しんね

1434-1512 室町-戦国時代の僧。
永享6年生まれ。浄土真宗。下野(しもつけ)(栃木県)高田専修寺の定顕(じょうけん)の子(一説に弟)。加賀,越前(えちぜん),近江(おうみ),伊勢(いせ)などに親鸞(しんらん)の教えをひろめ,寛正(かんしょう)5年(1464)専修寺をつぐ。翌年,本願寺の蓮如(れんにょ)との関係をたち,伊勢一身田無量寿院(専修寺)を建立,高田派教団の勢力を拡大した。永正(えいしょう)9年10月22日死去。79歳。著作に「顕正流義抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の真慧の言及

【専修寺】より

…真宗高田派の本山で,伊勢国内をはじめ,三河,越前など全国に650の末寺を持つ。室町中期に,高田派第10世真慧(しんね)が伊勢国内に教線を拡大し,その中心寺院として建設したのが草創で,初めは無量寿院と称した。しかし教団の中心であった下野国高田の専修寺が兵火で焼失するなどのことがあって,1548年(天文17)からは専修寺住持が住むようになり,実質上教団の中心はこちらに移り,やがて寺名も専修寺となった。…

※「真慧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真慧の関連キーワード木幡雅遠郡代春秋戦国時代悦堂英穆箕外需糠尭智清信賢仲繁哲実伝宗真昌地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真慧の関連情報