コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大嶺炭田 おおみねたんでん

2件 の用語解説(大嶺炭田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおみねたんでん【大嶺炭田】

山口県美祢,豊浦両郡にまたがる東西約8km,南北約12kmの炭田。夾炭層は中生代三畳紀の美祢層群に介在する。炭層は膨縮が激しく,火成岩の貫入している部分も少なくない。炭質は無煙炭に属するが,一般に灰分が多く発熱量も低い。埋蔵量は約4500万tといわれ,現在美祢炭鉱が細々と稼行しており,日本唯一の無煙炭産地である。【大橋 脩作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大嶺炭田
おおみねたんでん

山口県西部、美祢(みね)市の大嶺、麻生(あそう)一帯の炭田。南北12キロメートル、東西5キロメートルにわたり、中生層の無煙炭を産する。1904年(明治37)海軍省によって軍艦燃料用に本格的に開発、1945年(昭和20)宇部興産が17万トン、1966年には115万トン(全国無煙炭の68%)を出炭したが、その後輸入炭に押されて1970年に閉山。美祢市歴史民俗資料館に大嶺炭田に関する資料が展示されている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大嶺炭田の関連キーワード秋吉台国定公園サハラ砂漠豊浦宮穴門豊浦宮打ち跨がる周防山地長門山地美祢秋吉台サファリランドみとう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大嶺炭田の関連情報