コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大嶺炭田 おおみねたんでん

世界大百科事典 第2版の解説

おおみねたんでん【大嶺炭田】

山口県美祢,豊浦両郡にまたがる東西約8km,南北約12kmの炭田。夾炭層は中生代三畳紀の美祢層群に介在する。炭層は膨縮が激しく,火成岩の貫入している部分も少なくない。炭質は無煙炭に属するが,一般に灰分が多く発熱量も低い。埋蔵量は約4500万tといわれ,現在美祢炭鉱が細々と稼行しており,日本唯一の無煙炭産地である。【大橋 脩作】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大嶺炭田
おおみねたんでん

山口県西部、美祢(みね)市の大嶺、麻生(あそう)一帯の炭田。南北12キロメートル、東西5キロメートルにわたり、中生層の無煙炭を産する。1904年(明治37)海軍省によって軍艦燃料用に本格的に開発、1945年(昭和20)宇部興産が17万トン、1966年には115万トン(全国無煙炭の68%)を出炭したが、その後輸入炭に押されて1970年に閉山。美祢市歴史民俗資料館に大嶺炭田に関する資料が展示されている。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大嶺炭田の関連キーワード山口県美祢市大嶺町奥分美祢(市)美祢[市]岡藤 五郎宇部興産山口炭田美祢市厚狭川美祢線

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android