大平元宝(読み)たいへいげんぽう

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいげんぽう【大平元宝】

日本古代の銭貨銀銭。銀銭の発行は和同開珎についで2度目であり,これ以後古代では発行されていない。760年(天平宝字4)3月のによって,金銭開基勝宝,銅銭万年通宝とともに発行が命ぜられた。その際,法定価値は,大平元宝1枚が万年通宝10枚に相当し,大平元宝10枚が開基勝宝1枚に相当するものと定められた。大平元宝,開基勝宝は,ともにその後流通に関する史料がなく,貨幣としては用いられなかったらしい。その現物としては,京・大阪の古物・古泉商の間で取引された1枚と,1928年唐招提寺経蔵で発見された1枚の計2枚がこれまで知られているもののすべてである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいへい‐げんぽう【大平元宝】

〘名〙 奈良時代、天平宝字四年(七六〇)発行の円形方孔の銀銭。同時発行の銅銭万年通宝の一〇倍通用と規定された。この銀銭は当時の社会情勢から試作的段階に終わったと見られている。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)三月丁丑「銀銭文曰大平元宝

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大平元宝の言及

【銭相場】より

と金銀貨との比価。日本において銭貨の交換割合がはじめて定められたのは721年(養老5)1月で,銀貨の和同開珎1枚をもって銅貨の和同開珎25枚(文)に相当することとした。ついで760年(天平宝字4)発行の金貨開基勝宝は1枚をもって同年発行の太平元宝(銀貨)10枚,また太平元宝1枚は同年発行の万年通宝(銅貨)10枚に相当するという交換割合が規定された。江戸時代に入って,幕府は1608年(慶長13)12月,永楽銭1貫文=鐚銭(びたせん)4貫文=金1両とし,翌年には金銀銭貨の比価を金1両=銀50匁=永楽銭1貫文=京銭(鐚銭と同義語)4貫文とした。…

※「大平元宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android