コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平元宝 たいへいげんぽう

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいげんぽう【大平元宝】

日本古代の銭貨銀銭。銀銭の発行は和同開珎についで2度目であり,これ以後古代では発行されていない。760年(天平宝字4)3月の勅によって,金銭開基勝宝,銅銭万年通宝とともに発行が命ぜられた。その際,法定価値は,大平元宝1枚が万年通宝10枚に相当し,大平元宝10枚が開基勝宝1枚に相当するものと定められた。大平元宝,開基勝宝は,ともにその後流通に関する史料がなく,貨幣としては用いられなかったらしい。その現物としては,京・大阪の古物・古泉商の間で取引された1枚と,1928年唐招提寺経蔵で発見された1枚の計2枚がこれまで知られているもののすべてである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大平元宝の言及

【銭相場】より

と金銀貨との比価。日本において銭貨の交換割合がはじめて定められたのは721年(養老5)1月で,銀貨の和同開珎1枚をもって銅貨の和同開珎25枚(文)に相当することとした。ついで760年(天平宝字4)発行の金貨開基勝宝は1枚をもって同年発行の太平元宝(銀貨)10枚,また太平元宝1枚は同年発行の万年通宝(銅貨)10枚に相当するという交換割合が規定された。江戸時代に入って,幕府は1608年(慶長13)12月,永楽銭1貫文=鐚銭(びたせん)4貫文=金1両とし,翌年には金銀銭貨の比価を金1両=銀50匁=永楽銭1貫文=京銭(鐚銭と同義語)4貫文とした。…

※「大平元宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大平元宝の関連キーワード奈良時代(年表)皇朝十二銭淳仁天皇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大平元宝の関連情報