コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本紡績連合会 だいにほんぼうせきれんごうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本紡績連合会
だいにほんぼうせきれんごうかい

綿紡績工業の業界団体。前身は 1882年 10月設立の紡績連合会。その後,何度かの改組を経て 1902年 10月現名称に改称。 42年東亜繊維工業会設立に伴い解散。労働者争奪の防止,商品の規格や質の統一,輸出の奨励などを中心に活動した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大日本紡績連合会の言及

【紡績連合会】より

…対外的には,綿花輸入・綿糸輸出関税撤廃のために帝国議会,政府に対して請願運動を展開してこれを実現し,また日本郵船のボンベイ航路開設(1893)に際してはインド綿積取契約を結んで運賃の一部割戻しを実施させた。1900年にはかなりの期間の操業短縮を行うようになり,02年に大日本紡績連合会(紡連)と改称したころから,カルテルとしての性格を強めた。日露戦後恐慌(1907‐08)以来,操短は全綿糸を対象に長期化するとともに,綿糸布輸出に奨励金や操短免除特権が与えられるようになり,ここに国内機業者に対する独占価格の押付けとダンピング輸出とが結びつけられるようになった。…

※「大日本紡績連合会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大日本紡績連合会の関連キーワード日本経済連盟会阿部 房次郎阿部房次郎斎藤 恒三津田 信吾庄司 乙吉山辺 丈夫守屋 典郎菊池恭三庄司乙吉斎藤恒三津田信吾