コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紡績連合会 ぼうせきれんごうかい

2件 の用語解説(紡績連合会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせきれんごうかい【紡績連合会】

日本の紡績業者の連合体。1882年10月,官営愛知紡績所所長岡田令高の提唱によって2000錘規模の紡績関係者により結成された。新設工場のための技術伝習の引受けや職工引抜き禁止などを取り決めているが,勧業政策の下請機関という色彩が強かった。しかし1万錘規模の紡績会社の勃興にともなって,88年大日本綿糸紡績同業連合会と改称したころから,紡績資本の自立的組織となって活動もきわめて活発となった。内部的には,ストライキ対策を取り決めるとともに,職工引抜きをめぐる紛争を処理するため92年に中央綿糸紡績業同盟会を組織し,〈明治23年(1890)恐慌〉に際しては短期間ながら操業短縮を実施した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紡績連合会
ぼうせきれんごうかい

日本の紡績業者の連合体。1882年(明治15)10月、殖産興業政策に対応して結成され、技術伝習や職工引き抜きについて相互協力を約した。88年に大日本綿糸紡績同業連合会と改称したころから活動を多様化し、請願運動によって綿糸輸出関税、綿花輸入関税を撤廃させ、日本郵船との間にインド綿花積取契約を結んで運賃の一部割り戻しを実施させた。1900年(明治33)の恐慌を契機に本格的な操業短縮を実行し、02年大日本紡績連合会と改称したころからカルテルとしての性格を強め、日露戦争後には操短を長期にわたって実行するとともに、ダンピング輸出を奨励した。その内部結束力は固く、中国の綿糸関税引き上げ反対や深夜業禁止実現の引き延ばしなどにも積極的に取り組んだ。戦時統制においても自治的統制機関として活動したが、42年(昭和17)綿スフ統制会が発足すると、統制機能を失って10月に解散した。戦後には後継団体として日本紡績協会が組織されている。[高村直助]
『飯島幡司著『日本紡績史』(1949・創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紡績連合会の言及

【事業者団体】より

…事業者団体の機能は,参加事業者の親睦からカルテル活動まで多岐にわたるが,おもなものは,(1)情報活動(事業の宣伝,統計の整備等),(2)政治活動(選挙資金集め,業界に利害関係のある法令の制定・改廃についての影響力の行使等),(3)経営効率化活動(生産物の規格化,経営や技術の指導,共同保険等),(4)競争制限活動(生産制限,共同販売等)である。 日本の近代的な事業者団体の発生は1880年(明治13)の製紙所連合会(現,日本製紙連合会),82年の紡績連合会(現,日本紡績協会)である。当時の事業者団体の主目的は職工争奪の防止等,同業者の協調にあったが,92年には紡績連合会が生産制限を実施しており,カルテル活動が早くもみられる。…

【紡績業】より


[紡績業の統合]
 日清戦後の恐慌(1900‐01)は紡績資本が主導した最初の本格的資本主義恐慌であったが,同時に独占形成の起点ともなった。これを画期として紡績連合会による操業短縮が本格化し,綿糸価格は下方硬直性を強めて不況の影響は織物業に転嫁された。そのため綿織物業においては,問屋制(といやせい)家内工業の後退と国産小幅力織機導入による小工場化が促進されていった。…

※「紡績連合会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紡績連合会の関連キーワード同君連合ハルゼー落綿IWTO阿部孝次郎菊池恭三斎藤恒三庄司乙吉谷口房蔵福本元之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone