コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大月光興 おおつき みつおき

2件 の用語解説(大月光興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大月光興 おおつき-みつおき

1766-1834 江戸時代後期の装剣金工。
明和3年生まれ。江戸にでて修業。絵画を岸駒(がんく)にまなび,長沢蘆雪(ろせつ)の影響もうけて作風は図案に奇抜なものがおおい。大月派の名工と称され,おおくの門人をそだてた。天保(てんぽう)5年8月15日死去。69歳。京都出身。通称は喜八郎,五郎左衛門。号は竜駒堂,竜斎など。屋号は山城屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大月光興

没年:天保5(1834)
生年:明和3(1766)
江戸後期の装剣金工家。山城屋を屋号とした金工家大月光芳の子。京都生まれ。幼名は喜八郎。大竜斎,竜駒堂,紫竜堂,是空入道などの別号があり,銘は雍州光興,月光興,三津興などと切る。30歳を過ぎて一時江戸に下り,修業を重ねた。その一方で岸駒に絵を習い,長沢蘆雪の影響を受けて絵にも巧みなものがあったという。一宮長常,鉄元堂正楽と共に京都金工の三名工のひとりに挙げられている。代表作「大原女図鐔」(個人蔵)にみるように京都の風物を描写した題材など幅広い作域を示し,片切彫りにすぐれたものがある。50歳前後に五郎左衛門を襲名したとみられる。嫡男の光弘のほか,川原林秀興をはじめ篠山篤興,松尾月山など多くの門人の育成にも努め,大月派の隆盛に大きく貢献した。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の大月光興の言及

【装剣金具】より

…京都では一宮(いちのみや)長常(1722‐86。通称粕屋忠八,号に雪山,蟻行子など)や大月光興(1766‐1834。通称山城屋喜八郎,のち五左衛門)をはじめとする大月派などが聞こえ,そのほか各城下にも多くの装剣専門の金工が出て,それぞれ特色ある作風を樹立した。…

※「大月光興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大月光興の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件大月光興葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑島精機製作所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone