コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装飾経 そうしょくぎょう

6件 の用語解説(装飾経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

装飾経
そうしょくぎょう

表紙,見返し,料紙などに装飾を施した写経。経の料紙などに装飾を施す例はすでに奈良時代の写経にみられ,また記録類からも知られる。色紙,金銀泥,箔などによる装飾のほかに,見返しに経典にちなんだ仏画経絵を描いたものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうしょく‐きょう〔サウシヨクキヤウ〕【装飾経】

《「そうしょくぎょう」とも》料紙などに意匠をこらし、美しく装飾した写経。平安中期から鎌倉時代に盛行し、扇面法華経平家納経などが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

装飾経【そうしょくきょう】

料紙その他に強い装飾性をもつ写経。日本では奈良時代の遺品が最古。平安時代のものは平家納経はじめ久能寺経扇面法華経冊子中尊寺経等遺品も多く,華麗である。料紙の装飾が主で,巻子(かんす)本の場合は表紙や見返しに金銀泥や切箔(きりはく)を用いたり,美しい彩色で文様や絵を描いたのが普通で,経文の部分や裏面に装飾を施したものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょくきょう【装飾経】

料紙,経文,軸などに装飾をこらした経巻。写経と版経の別なくみられ,東アジアで古代から現代までつくられている。さまざまな色に染めた色紙を継いで料紙とした色紙経,経文を金銀泥で書いた金(銀)字経,経巻の表紙や見返しなどに仏像や経意をあらわす経絵を描いたもの,さらに羅や綾の布を用いたり,軸の端に螺鈿(らでん)細工の香木を用いたものなど多様な装飾がなされるが,これらの手法を組み合わせた特に豪華なものを狭義の装飾経と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうしょくきょう【装飾経】

料紙や装丁に意匠をこらした美しい写経。平安末期に盛んになり、鎌倉時代まで行われた。平家納経など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

装飾経
そうしょくぎょう

平安時代に盛行した写経の一種。写経は経典を正確に書写するのが目的で、原則として素紙(そし)(漉(す)き上げたままの加工しない紙)に墨書されるが、料紙を染めたり、金銀泥(きんぎんでい)の下絵を描いたり、金銀の箔(はく)や野毛(のげ)をまいたり、金銀泥で書写するような装飾を施したものを、総称して装飾経とよんでいる。遺品の多くは平安時代のものだが、その萌芽(ほうが)はすでに奈良時代にあり、紫紙に金字(こんじ)で書写した『紫紙(しし)金字金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)』(奈良国立博物館ほか)、『紫紙金字華厳経(けごんきょう)』(東京・五島美術館ほか)、また紺紙銀字経として『紺紙銀字華厳経』(東京・根津美術館ほか)などを代表とし、ほかに薄紫の色麻紙に一面に雲母砂子(きらすなご)をまいた料紙を用いる金塵滅(きんじんめつ)紫紙の『解深密経(げじんみっきょう)巻第四』(京都・青蓮院(しょうれんいん))、さらに色紙(しきし)経として『藍紙(らんし)金光明最勝王経断簡』(東京国立博物館)や藍(あい)と紫の染め紙を交用した『金光明最勝王経断簡』(個人蔵)などが知られる。
 平安時代に入っても、奈良時代の装飾技法を受けた『紺紙金字一切(いっさい)経』が制作され、鳥羽法皇菩提(とばほうおうぼだい)のための『荒川(あらかわ)経』(和歌山・金剛峯(こんごうぶ)寺ほか)、藤原秀衡発願(ひでひらほつがん)の『中尊寺(ちゅうそんじ)経』(うち15巻金銀交書(こうしょ)経、岩手・大長寿院ほか)などの遺品が伝存している。一方、平安貴族の間に精神性を込めた華麗な経巻も作成されるようになったが、これは宮廷貴族の『法華経(ほけきょう)』信仰の流行がその一因で、写経成仏、女人成仏を説くところからさらに人気が集まり、写経熱が高まった。さらに、源信(げんしん)(恵心僧都(えしんそうず))の説く浄土思想の信仰や末法思想が流行し、極楽往生や一門の繁栄を願う人々は仏事供養に明け暮れし、「尽善尽美(ぜんをつくしびをつくす)」という各自の美意識と財力の限りを尽くして、華麗きわまりない装飾経を生むこととなった。その代表的なものとして1141年(永治1)鳥羽法皇の逆修(ぎゃくしゅ)供養としての『久能寺(くのうじ)経』(静岡・鉄舟寺(てっしゅうじ)ほか)や長寛(ちょうかん)2年(1164)の年紀のある平清盛自筆の願文(がんもん)ほか32巻を完備する『平家納経(へいけのうきょう)』(広島・厳島(いつくしま)神社)がある。また、金銀泥で鳳凰(ほうおう)や草花の下絵を描いた『竹生島経(ちくぶじまきょう)』(滋賀・宝厳寺(ほうごんじ)ほか)、一字を宝塔形の中に書写した『戸隠切(とがくしぎれ)』(長野・戸隠神社ほか)、『一字蓮台(れんだい)法華経』(福島・竜興寺)、歌絵(うたえ)の冊子として用意され、写経の料紙に転用された『観普賢経(かんふげんきょう)冊子』(東京・五島美術館)、華麗な風俗下絵を描いた『扇面法華経冊子』(大阪・四天王寺ほか)など多数があり、さらに亡者の手紙を料紙とした消息経(しょうそくぎょう)の代表遺品として『宝篋印陀羅尼経(ほうきょういんだらにきょう)』(大阪・金剛(こんごう)寺)、『仏説転女(ぶっせつてんにょ)成仏経』(東京国立博物館)なども注目される。
 鎌倉時代ではとくに、物語絵巻の下絵料紙が後白河院(ごしらかわいん)追福の写経料紙に転用された『目無し経』が知られる。これらの装飾経は、書道史はもちろん、その装飾下絵や見返しなどが数少ない絵画遺品であることから、絵画史上でも重要な遺品といえよう。[島谷弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の装飾経の言及

【仏画】より

…掛幅形式は,展示,保存,収納などに優れた機能性を有するため,信仰の対象として一般に普及した。(6)巻子 立体的に懸ける懸幅に対して,平面的において巻きながら見る巻子は,当初はもっぱら経巻に用いられたが,紺紙金泥の装飾経が流行するにつれて,経巻の見返しにも仏画が描かれるようになり,《中尊寺経》《平家納経》,ひいては経典や寺院縁起,仏伝や祖師絵伝などを絵画化する絵巻が現れ,密教の発達に伴い,曼荼羅など各種図像の白描図巻も制作されるようになる。巻子は両手で繰り広げながら見るため,観者の視点は両手で広げた視界内に限定されるだけに,連続する時間経過を追う仏伝図や祖師絵伝,社寺縁起などの仏教説話画には最適であるとともに,保存・収納は懸幅以上に容易であるため盛行した。…

【仏教美術】より

…また,経がひとたび教団から大衆に受け入れられるようになると,その内容も経変として壁画,屛風,絵巻などに描かれるようになる。また経典自体も,写経が繰り返される中でさまざまな材質を用い,贅をつくした装飾経も現れ,経塚がつくられ,経筒や経箱などの優れた経塚遺物を生む。 〈仏〉は悟りを開いた人を意味し,仏教は本来〈法〉を中心とするため,造形的な仏教美術とは無縁であるべきであり,初期にはそうであった。…

※「装飾経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

装飾経の関連キーワード唐獅子懲らしむ扇面写経誇らしい料紙箱ボディーレリーフ果実をコラーゲンで包みました装飾照明切箔経巻装飾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

装飾経の関連情報