コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊喜邦 オオクマヨシクニ

デジタル大辞泉の解説

おおくま‐よしくに〔おほくま‐〕【大熊喜邦】

[1877~1952]建築学者。東京の生まれ。芸術院会員。国会議事堂・旧文部省庁舎などを設計。著作に「世界の議事堂」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊喜邦 おおくま-よしくに

1877-1952 明治-昭和時代の建築家。
明治10年1月13日生まれ。母校東京帝大の講師をへて,大蔵省にはいる。昭和2年営繕管財局工務部長となり,国会議事堂,首相官邸や文部省などの庁舎の建築を手がけた。建築学会会長。芸術院会員。昭和27年2月25日死去。75歳。東京出身。著作に「世界の議事堂」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおくまよしくに【大熊喜邦】

1877~1952) 建築学者。東京生まれ。東大卒。国会議事堂・文部省庁舎などを設計。日本の住宅建築を研究。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大熊喜邦の関連キーワード吉武 東里昭和時代住宅建築吉武東里辰野金吾東海道建築家宿場本陣明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android