コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊喜邦 オオクマヨシクニ

3件 の用語解説(大熊喜邦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおくま‐よしくに〔おほくま‐〕【大熊喜邦】

[1877~1952]建築学者。東京の生まれ。芸術院会員。東大卒。国会議事堂・旧文部省庁舎などを設計。著作に「世界の議事堂」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊喜邦 おおくま-よしくに

1877-1952 明治-昭和時代の建築家。
明治10年1月13日生まれ。母校東京帝大の講師をへて,大蔵省にはいる。昭和2年営繕管財局工務部長となり,国会議事堂,首相官邸や文部省などの庁舎の建築を手がけた。建築学会会長。芸術院会員。昭和27年2月25日死去。75歳。東京出身。著作に「世界の議事堂」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおくまよしくに【大熊喜邦】

1877~1952) 建築学者。東京生まれ。東大卒。国会議事堂・文部省庁舎などを設計。日本の住宅建築を研究。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

大熊喜邦の関連キーワード級化層理日中関係東京大学日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大熊喜邦の関連情報