コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大目秋色 おおめ しゅうしき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大目秋色 おおめ-しゅうしき

1669-1725 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文9年生まれ。江戸の人。夫の寒玉とともに榎本其角(きかく)にまなぶ。宝永4年其角の遺稿集「類柑子(るいこうじ)」を,正徳(しょうとく)3年追善集「誹諧(はいかい)石なとり」を刊行。秋色がよんだ江戸上野の桜は秋色桜とよばれている。享保(きょうほう)10年4月19日死去。57歳。本姓は小川か。名はあき,お秋。別号に菊后亭。
【格言など】井戸端の桜あぶなし酒の酔(「江戸砂子」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大目秋色の関連キーワード秋色

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android