コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大等一祐 だいとう いちゆう

1件 の用語解説(大等一祐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大等一祐 だいとう-いちゆう

?-1415 南北朝-室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)定光寺実峰良秀(じっぽう-りょうしゅう)に師事し,その法をつぐ。のち能登総持寺の住持となり,また若狭(わかさ)(福井県)に向陽寺をひらいた。応永22年5月24日死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は土岐。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大等一祐の関連キーワード東金堂古賀市と都市計画区域外国籍児童・生徒への支援周期表性理大全茶臼山伝通院瓢鮎図フス本能寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone