コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西愛治郎 おおにし あいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西愛治郎 おおにし-あいじろう

1881-1958 大正-昭和時代の宗教家。
明治14年8月26日生まれ。31年天理教にはいる。大正2年みずからが生き神「甘露台」で,教祖中山みきの後継者であるとの自覚をもち,天理教の分派「ほんみち」を開教。天理教の現状を批判し,13年追放され,翌年天理研究会を設立。不敬罪,治安維持法違反で検挙されたが,昭和21年「ほんみち」教団を再建した。昭和33年11月29日死去。77歳。奈良県出身。旧姓は岸岡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大西愛治郎の言及

【ほんみち】より

天理教の地方幹部大西愛治郎(1881‐1958)が1913年に開教した天理教系の新宗教。大西は奈良県宇陀郡宇太村に生まれ,奈良師範(現,奈良教育大学)在学中に母の難疾から天理教に入信,1900年学業を放棄して単独布教に出発,群馬県安中で成果をあげ,04年より山口県の教会復興にあたった。…

※「大西愛治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大西愛治郎の関連キーワード昭和時代宗教家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android