大谷繞石(読み)おおたに じょうせき

  • おおたにじょうせき
  • 大谷繞石 おおたに-じょうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1875-1933 明治-昭和時代前期の俳人。
明治8年3月22日生まれ。三高在学中に同窓河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう),高浜虚子とともに句作をこころざす。東京帝大在学中は正岡子規師事。四高教授をへて大正13年広島高校長。この間「ホトトギス」「日本」などに作品を発表した。昭和8年11月17日死去。59歳。島根県出身。本名は正信。著作に俳文集「北の国より」,句集落椿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

俳人。本名、正信。広島高等学校教授。ラフカディオ=ハーンの弟子。子規に学び、温雅な句風。句集に「落椿」。明治八~昭和八年(一八七五‐一九三三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android