大野九郎兵衛(読み)おおの くろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「大野九郎兵衛」の解説

大野九郎兵衛 おおの-くろべえ

?-? 江戸時代前期の武士
播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)城代家老元禄(げんろく)14年(1701)藩主浅野長矩(ながのり)の切腹除封さい,公金分配をめぐり大石良雄対立し,退去,逃亡したといわれている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「大野九郎兵衛」の解説

おおの‐くろうべえ【大野九郎兵衛】

赤穂浅野家の家老。大石良雄の同僚。藩主長矩の自刃後、お家の再興をはかる良雄らと意見が対立、逃亡した。「仮名手本忠臣蔵」では斧九太夫の名で登場。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android