コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大毛島 おおげしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大毛島
おおげしま

徳島県北東端,鳴門海峡に突出した島。鳴門市に属する。本四連絡道路の大鳴門橋と小鳴門橋で,淡路島 (兵庫県) および四国本土に陸路で通じる。南北約 6km。標高 150~200mの丘陵地で,北部の鳴門公園は,付近の海岸と島を含め名勝。千畳敷孫崎灯台のある七州台などからの観潮が有名。土佐泊浦にある鳴門の根上りマツは天然記念物。近くに白砂青松千鳥ヶ浜がある。南西部の塩田跡地に鳴門教育大学があり,潮明寺には紀貫之の歌碑がある。島の南端近くの土佐泊は古くから風待ち港で,漁業の中心地。付近はタイ網漁や鳴門わかめの採取で有名。島は周辺海域とともに瀬戸内海国立公園に属する。面積 7.06km2。人口 2951 (1996) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕大毛島(おおげじま)


徳島県北東端、鳴門(なると)海峡に面する島。面積7.3km2。鳴門市に属する。大鳴門橋で淡路(あわじ)島と、小鳴門橋で四国本島とつながる。有料の鳴門道路が北西の島田(しまだ)島に通じる。鳴門公園からの渦潮眺望が名高い。一部は瀬戸内海(せとないかい)国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大毛島
おおげしま

徳島県北東部、鳴門(なると)海峡にある島。鳴門市に属する。南北6キロメートル、東西2キロメートルの細長い島で、面積7.26平方キロメートル。北端の孫崎と淡路島との間は1.3キロメートルの鳴門海峡をなしている。南は小鳴門海峡に臨み、小鳴門橋によって鳴門市本土と結ばれる。サツマイモ、ダイコン、ラッキョウなどの栽培が盛んで、ワカメの養殖も行われている。小鳴門海峡に臨む土佐泊(とさどまり)の集落は紀貫之(きのつらゆき)が京への帰途立ち寄ったと伝えられる所。孫崎にある鳴門公園は「鳴門の渦潮」を望むのによい。北方の島田島とは鳴門スカイラインによって結ばれ、1985年(昭和60)には本州四国連絡橋の一つ大鳴門橋が開通した。鳴門公園には大鳴門橋架橋記念館「エディ」がつくられている。また、セラミックアートの大塚国際美術館もある。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大毛島の関連キーワード鳴門らっきょ鳴門(市)鳴門[市]瀬戸内海撫養瀬戸島田島海峡淡路北西高島島田

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大毛島の関連情報