コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大毛島 おおげしま

3件 の用語解説(大毛島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大毛島
おおげしま

徳島県北東端,鳴門海峡に突出した島。鳴門市に属する。本四連絡道路の大鳴門橋と小鳴門橋で,淡路島 (兵庫県) および四国本土に陸路で通じる。南北約 6km。標高 150~200mの丘陵地で,北部の鳴門公園は,付近の海岸と島を含め名勝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕大毛島(おおげじま)


徳島県北東端、鳴門(なると)海峡に面する島。面積7.3km2。鳴門市に属する。大鳴門橋で淡路(あわじ)島と、小鳴門橋で四国本島とつながる。有料の鳴門道路が北西の島田(しまだ)島に通じる。鳴門公園からの渦潮眺望が名高い。一部は瀬戸内海(せとないかい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大毛島
おおげしま

徳島県北東部、鳴門(なると)海峡にある島。鳴門市に属する。南北6キロメートル、東西2キロメートルの細長い島で、面積7.26平方キロメートル。北端の孫崎と淡路島との間は1.3キロメートルの鳴門海峡をなしている。南は小鳴門海峡に臨み、小鳴門橋によって鳴門市本土と結ばれる。サツマイモ、ダイコン、ラッキョウなどの栽培が盛んで、ワカメの養殖も行われている。小鳴門海峡に臨む土佐泊(とさどまり)の集落は紀貫之(きのつらゆき)が京への帰途立ち寄ったと伝えられる所。孫崎にある鳴門公園は「鳴門の渦潮」を望むのによい。北方の島田島とは鳴門スカイラインによって結ばれ、1985年(昭和60)には本州四国連絡橋の一つ大鳴門橋が開通した。鳴門公園には大鳴門橋架橋記念館「エディ」がつくられている。また、セラミックアートの大塚国際美術館もある。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大毛島の関連キーワード鳴門海峡孫崎鳴門公園鳴門線鳴門[市]徳島県鳴門市徳島県鳴門市鳴門町高島徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦徳島県鳴門市鳴門町三ツ石徳島県鳴門市撫養町林崎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大毛島の関連情報