明石海峡大橋(読み)あかしかいきょうおおはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明石海峡大橋
あかしかいきょうおおはし

兵庫県神戸市垂水区舞子と淡路市岩屋を結ぶ,橋長 3911mの世界最長の吊橋。本州四国連絡橋の一つ。主ケーブルを支える主塔と主塔の間 (中央支間長) は 1991m。 1988年4月着工。 1998年4月5日開通。明石海峡は潮流が最大で毎秒 4.5mに達する難所であるため,主塔を支える基礎の工事には,水深 60mの海底に巨大な鋼製ケーソンを沈設した中にコンクリートを打設する工法がとられた。さらに上部は毎秒 80mの暴風とマグニチュード 8.5の地震に耐えられるように設計された。橋の開通により四国地方の経済発展が期待されている。一方で,主要な交通手段として大きな役割をになってきたフェリーは利用客が減少し,営業を停止した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかしかいきょう‐おおはし〔あかしカイケフおほはし〕【明石海峡大橋】

本州四国連絡橋ルートの一。明石海峡に架かる吊り橋で、兵庫県淡路市と兵庫県神戸市とを結ぶ。吊り橋としては世界最長の中央支間長(塔と塔との間の距離1991メートル)で、全長3911メートル。平成10年(1998)完成。→本州四国連絡高速道路株式会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明石海峡大橋
あかしかいきょうおおはし

神戸(こうべ)市垂水(たるみ)区舞子(まいこ)と淡路(あわじ)島の淡路市松帆(まつほ)の間、明石海峡に架かる長大吊橋(つりばし)。1988年(昭和63)着工、約10年の歳月を経て1998年(平成10)4月に完成。全長は、3911メートル、桁(けた)下の高さは高潮時海面上で65メートル、塔の高さは海面上297メートル、中央支間長(塔と塔の間)1991メートルで、これまで長大吊橋の代表であったイギリスのハンバー橋(1981完成、中央支間長1410メートル)にかわって世界一の長大吊橋となった。この明石海峡大橋の完成により本州四国連絡橋の神戸―鳴門(なると)ルートが全通した。このルートは、神戸西インターチェンジ(山陽自動車道と接続)から明石海峡を渡って、淡路島を縦貫し、鳴門海峡に架かる大鳴門橋を渡って徳島県の鳴門インターチェンジを結ぶ、延長89キロメートルの自動車専用道路である。これまで3時間以上要していた神戸―鳴門間が一気に1時間40分に短縮され、風波や濃霧等の気象条件にも左右されにくい交通軸が実現した。すでに最初のルートとして1988年に完成した児島(こじま)―坂出(さかいで)ルート(瀬戸中央自動車道)、1999年5月に全通した尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルート(西瀬戸自動車道)とあわせて神戸―鳴門ルート(神戸・淡路・鳴門自動車道)の3ルートの開通により、本州と四国の多様なアクセスが可能となり、観光需要の増大、物流の発展、経済の広域化と活性化などが期待される。[長瀬浩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明石海峡大橋の関連情報