コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天妃山 てんぴさん

2件 の用語解説(天妃山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天妃山
てんぴさん

茨城県北東部,太平洋にのぞむ北茨城市磯原の海岸にある陸繋島。別称朝日指峰 (あさひさすみね) 。標高 30~40mの台地が太平洋に迫り,急崖をなしていたが,海食により一部が突角状に残存して島となり,のちに陸とつながれて形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天妃山
てんぴさん

茨城県北東部、北茨城市磯原(いそはら)町地区の大北(おおきた)川河口にあり、岬が海食で切られ島状となった所。古くは朝日指峰(あさひさすみね)といった景勝地で、現在は海水浴場となり、近くに詩人野口雨情(うじょう)の生家がある。山上には海上守護神、弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)と竜宮船魂神を祀(まつ)る弟橘媛神社がある。もと薬師如来(やくしにょらい)を祀っていたが、徳川光圀(みつくに)が明(みん)僧心越(しんえつ)禅師のもたらした天妃神を祀って大津、磯原両漁村の鎮守とし、灯明と大旗で漁船の目標とさせた。徳川斉昭(なりあき)は天妃神を廃して弟橘媛命を勧請(かんじょう)した。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天妃山の関連キーワード磯原節茨城県北茨城市磯原町磯原茨城県北茨城市磯原町内野茨城県北茨城市磯原町大塚茨城県北茨城市磯原町上相田茨城県北茨城市磯原町木皿茨城県北茨城市磯原町豊田茨城県北茨城市磯原町本町茨城県北茨城市大津町茨城県北茨城市関南町仁井田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone