コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天当船 てんとうぶね

世界大百科事典 第2版の解説

てんとうぶね【天当船】

近世から近代にかけて日本の各地で最も広く使用されていた和船。〈天当〉の字をあてたものが多いが,近世の文献には天,天道,伝道ともあてている。大きさは地方によって異なり,富山湾では長さ9尋(約13.6m),肩幅9尺(約2.7m),5挺櫂(かい)7人乗りのものであったといい,宮城県荒浜のものは16人乗りであったという。いずれにしてもかんこ船さんぱなどよりははるかに大きい船で,漁船よりはむしろ運搬船として使われていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天当船の関連キーワード富山湾伝道天道

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android