コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天当船 てんとうぶね

1件 の用語解説(天当船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんとうぶね【天当船】

近世から近代にかけて日本の各地で最も広く使用されていた和船。〈天当〉の字をあてたものが多いが,近世の文献には天,天道,伝道ともあてている。大きさは地方によって異なり,富山湾では長さ9尋(約13.6m),肩幅9尺(約2.7m),5挺櫂(かい)7人乗りのものであったといい,宮城県荒浜のものは16人乗りであったという。いずれにしてもかんこ船さんぱなどよりははるかに大きい船で,漁船よりはむしろ運搬船として使われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天当船の関連キーワードゲットー落書吾子荒くもしい唐子髷郷村鉛銭モテット石子詰猿楽四座

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone