天神七代(読み)テンジンシチダイ

デジタル大辞泉の解説

てんじん‐しちだい【天神七代】

日本神話で、天地開闢(かいびゃく)の初めに現れた7代の天神。日本書紀では、国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、(以下は対偶神。二神で1代と数える)埿土煑尊(ういじにのみこと)・沙土煑尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)の7代。古事記では、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよくもののかみ)、(以下は対偶神)宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の7代。神代七代(かみよななよ)。→地神五代(ちじんごだい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじんしちだい【天神七代】

記紀神話で、国常立尊くにのとこたちのみことより伊弉諾尊いざなきのみこと・伊弉冉尊いざなみのみことに至る七代の時代、また、その神々の総称。伊勢神道の説で、地神ちじん五代(天照大神あまてらすおおみかみより鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみことに至る五代)に対していう。「古事記」では国之常立神くにのとこたちのかみ、豊雲野神とよくもののかみ、宇比地邇神ういじにのかみ・須比智邇神すいじにのかみ(この二神以下の対偶神は二神で一代)、角杙神つのぐいのかみ、活杙神いくぐいのかみ、意富斗能地神おおとのじのかみ・大斗乃弁神おおとのべのかみ、於母陀流神おもだるのかみ・阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ、伊邪那岐神いざなきのかみ・伊邪那美神いざなみのかみの七代、「日本書紀」では国常立尊、国狭槌尊くにのさつちのみこと、豊斟渟尊とよくむぬのみこと・埿土煮尊ういじにのみこと・沙土煮尊すいじにのみこと、大戸之道尊おおとのじのみこと・大苫辺尊おおとまべのみこと、面足尊おもだるのみこと・惶根尊かしこねのみこと、伊弉諾尊・伊弉冉尊の七代と相違がある。神世七代かむよななよ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじん‐しちだい【天神七代】

日本神話で、天地開闢のとき生成した七柱の神。また、その時代。「古事記」では国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神、宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)の七代。「日本書紀」では国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、埿土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の七代。神世七代(かみよななよ)
※前田本水鏡(12C後)上「天神七代〈略〉二神むかしあめのうき橋のうへにして」
義経記(室町中か)四「てんじん七代地神五だいは神の御代」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android