コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童温泉 てんどうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天童温泉
てんどうおんせん

山形県東部,天童市の山形盆地東部にある温泉。 1886年市街地の東,水田に灌漑用の井戸を掘ったときに偶然発見された。泉質硫酸塩泉泉温は 46~61℃。胃腸病,外傷などに効能将棋の駒の産地として知られ,将棋の駒風呂や人間将棋の祭りもある観光温泉地。国道 13号線,48号線沿いにあり,交通が便利で観光客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんどう‐おんせん〔‐ヲンセン〕【天童温泉】

山形県天童市にある温泉。泉質は硫酸塩泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

天童温泉

山形県天童市にある道の駅。国道13号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天童温泉
てんどうおんせん

山形県中東部の天童市にある温泉。JR奥羽本線天童駅の東方1キロメートルに位置する。1886年(明治19)灌漑(かんがい)用の井戸を掘削中に湧出(ゆうしゅつ)したもので、明治末期には温泉街が形成された。泉質は塩化物泉。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天童温泉の関連キーワード山形県天童市天童(市)山形県

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天童温泉の関連情報