天造(読み)てんぞう

精選版 日本国語大辞典「天造」の解説

てん‐ぞう ‥ザウ【天造】

〘名〙 造物主が作ったもの。が形づくったもの。人造に対して、天然にできたもの。
※懐風藻(751)序「橿原建邦之時、天造草創、人文作」
※読本・春雨物語(1808)海賊「其後に度々風波につき崩されしは、天造にたがへる者から、ついの世に益有るまじ」 〔曹組‐艮嶽記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天造」の解説

てん‐ぞう〔‐ザウ〕【天造】

天が作ったもの。人造に対して、天然にできたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android