コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野重知 あまの しげのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野重知 あまの-しげのり

1909-2003 昭和-平成時代の農民運動家。
明治42年1月1日生まれ。山梨県忍野村(おしのむら)忍草(しぼくさ)の地主でバス会社を経営。戦前,陸軍が買収した北富士演習場への地元民の入会(いりあい)権をみとめさせ,また忍野村村長となり,東京電灯(現東京電力)のダム建設による被害補償をかちとる。戦後の昭和22年忍草入会組合を結成し,演習場返還をもとめて座り込みなどの闘争をすすめた。平成15年12月30日死去。94歳。都留中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天野重知の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門牧野省三小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学アレックス ロドリゲス無形文化遺産保護条約HomeStyle+

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android