太刀持(読み)たちもち

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐もち【太刀持】

〘名〙
① 武家で主人の刀を持ってそば近く仕える役。また、その役の者。
※明徳記(1392‐93頃か)中「鑓長刀にて支つつ、太刀持うしろへ走寄て」
② 相撲で横綱の土俵入りの際、太刀を持って横綱の後ろに従う力士。普通、横綱と同門・同系統の関脇以下の幕内力士で、露払いよりも上位の力士がつとめる。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「露払を先きにし、太刀持(タチモチ)を従へ出で」
③ 物事をする場合に、主となってするのでなくそばで介添えをする役割の者。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉二「床に懸けた容斎の、小松に交る稚子髷(ちごまげ)の、太刀持(タチモチ)こそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android