コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露払い つゆはらい

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐はらい〔‐はらひ〕【露払い】

貴人の先に立って道を開くこと。また、その役を務める人。転じて、行列などの先導をすること。また、その人。「露払いを務める」
遊芸などで、最初に演じること。また、その人。
相撲で、横綱土俵入りのとき、先導として土俵に上がる力士
蹴鞠(けまり)の会で、まず鞠をけって懸(かかり)の木の露を払い落とすこと。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆはらい【露払い】

貴い人や行列の先に立って道を開くこと。また、その役を務める人。
相撲の横綱の土俵入りの時、先導を務める力士。 → 太刀持ち
人に先立って物事の先鞭をつけること。また、そうする人。 「計画推進の-を務める」
遊芸などで、先に演ずること。また、その人。
宮中の蹴鞠けまりの会で、まず鞠を蹴り、懸かかりの樹の露を払い落とすこと。また、その任にあたる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

露払いの関連キーワード貨幣・財政整理事業貴船祭[真鶴]六日祭[長滝]井上 大輔マーロー御車山祭三番叟神代踊太刀持手古舞宮中蹴鞠相撲貴人先鞭千歳治道伎楽遊芸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露払いの関連情報