太平経(読み)たいへいぎょう(英語表記)Tai-ping-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平経
たいへいぎょう
Tai-ping-jing

中国,道教の経典。『太平清領書』ともいう。 170巻。後漢順帝のとき,宮崇が,その師の干吉 (かんきつ) が曲陽泉水のほとりで得た神書であるとして,朝廷に献上したものと伝えられている。身分の差は存在しても,それがすべて調和がとれている平和な社会の理想像を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきょう【太平経 Tài píng jīng】

中国における道教経典の一種。《道蔵》には欠巻をともなう57巻本と唐末の閭丘方遠(りよきゆうほうえん)が抄出したという《太平経鈔》10巻が収められている。天の使者としてくだった〈神人(または天師)〉が,有徳君主に伝えさせるべく,地上世界の救済の方法を弟子の〈真人〉に告げる部分が中心をなす。とりわけ,〈太陽・太陰中和〉の三気,ならびに三気に対応する〈天・地・人〉〈日・月・星〉〈父・母・子〉〈君・臣・民〉〈道・徳・仁〉など,自然や人倫の調和によって太平が実現されることが説かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の太平経の言及

【仙人】より

… たとえば《抱朴子》は,天空に昇る天仙,名山に遊行する地仙,いったん死んだうえで仙人となる尸解仙(しかいせん)の3種の仙人が存在するという。また道教経典の古層に属すると思われる《太平経》は,天地間のあらゆる人間とそれらそれぞれの職能を9種に分かち,(1)無形委気の神人は気を,(2)大神人は天を,(3)真人は地を,(4)仙人は四時を,(5)大道人は五行を,(6)聖人は陰陽を,(7)賢人は文書を,(8)凡民は草木五穀を,(9)奴婢は財貨をそれぞれ治めるとしているが,5,6世紀のころには宇宙空間が天上の神仙世界,地上の人間世界,地下の死者の世界の仙・人・鬼の三部構造として整理されるにいたった。そのうち神仙世界はさらに〈聖(ないしは神)〉〈真〉〈仙〉の3段階それぞれ9等級,あわせて27等級に分類され,後世の道教教理学にうけつがれた。…

※「太平経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android