コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出端 では

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出端
では

日本音楽,演劇,舞踊の用語。役者または踊り手登場の際の音楽,または楽曲の部分およびその舞踊をいう。種目によって内容が異なる。 (1) では,神仏,鬼畜,精霊などの後ジテおよびそのツレの登場の囃子。大小鼓,笛に太鼓が入る。太鼓の一声 (いっせい) ともいう。 (2) 歌舞伎または舞踊における人物の登場のこと,およびその伴奏音楽またはそのところにあたる楽曲の構成部分。花道で演じられることが多い。歌曲を用いる場合,その歌を出端歌ともいう。下座 (げざ) としては,主役の登場に打つ囃子をいい,能にならって太鼓の一声ともいう。ただし,その1段目を出の越と称して太鼓地にも利用。また,せり出しの合方の三味線と合奏した登場音楽として用いるが,その場合は能から離れてチリカラ拍子となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

で‐は【出端】

《「でば」とも》外へ出るきっかけ。
「跳ね返されて、―を失って、ごうと吼(ほ)えている」〈漱石・坑夫〉
《「でば」とも》外出する手段。交通の便。
「わざわざこんな―の悪い処へ引込んで」〈荷風腕くらべ
で、神・鬼・精・霊などの後ジテツレが登場するときに用いる囃子(はやし)
歌舞伎で、主役などの登場。また、その際の所作や下座音楽
舞踊的な芸能で、登場するとき、また、退場するときの舞踊・音楽など。出羽。⇔入端(いりは)
《「でば」とも》ちょうど出るおり。出しな。出ばな。
「あれあれ、いま月の―ぢゃ」〈和泉流狂・吹取り〉

で‐はな【出端】

《「でばな」とも》
(「出鼻」とも書く)出ようとしたとたん。また、出たとたん。「出端に門前でばったり会う」
(「出鼻」とも書く)物事のやりはじめ。また、やりはじめの勢いの盛んな時期。「事業の出端からつまずく」
出花(でばな)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

では【出端】

立ち出るおり。出しな。出ばな。
出る便宜。出るきっかけ。 「 -を失う」 「 -のない行き留りに立つ位なら/彼岸過迄 漱石
古典芸能一般で、人物の登場のこと。また、その際に奏される音楽。 ↔ 入端
能楽で、神仏・鬼畜などの後ジテが登場するときの囃子。
歌舞伎で、登場して花道の七三しちさんで演ずるやや長い演技。また、そのときに奏する下座。
民俗舞踊で、踊り手の登場の際の舞踊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の出端の言及

【歌舞伎】より

…〈本花〉〈仮花〉と略称することもある。花道を使っての出端(では)や引込みの六方,またたとえば《妹背山婦女庭訓》の吉野川の場や《鞘当》の不破名古屋の丹前の出のように両花道を効果的に使う場面などは,花道という機構を備えている歌舞伎ならではの魅力溢れる演出となっている。なお,江戸時代の劇場の花道は,揚幕を出たところで直角に折れていた。…

【出入事】より

…謡(うたい)がなく囃子と所作から成る囃子事小段のうち,立方(たちかた)の登・退場に用いられるものの総称。登場に用いるものを〈出端事(ではごと)〉,退場に用いるものを〈入端事(いりはごと)〉と呼ぶが,〈来序(らいじよ)〉や〈早鼓(はやつづみ)〉のように,その前半で前役のシテ,ツレなどが退場し,後半でアイなどの後役が登場するものもある。 出端事は種類が多いが,おもに大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)で奏される大小物と,太鼓が加わる太鼓物,その他のものの三つに大きく分けられる。…

※「出端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出端の関連キーワード助六由縁江戸桜花道(歌舞伎)岸野次郎三郎歌舞伎舞踊出端を挫く出端を折る出端・出鼻岩戸神楽暴れ丹前民俗舞踊出入事滑り唄外記節出っ端小歌踊段切れぬめり選炭折る叩く

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出端の関連情報