太田青丘(読み)おおた せいきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田青丘 おおた-せいきゅう

1909-1996 昭和-平成時代の歌人。
明治42年8月28日生まれ。太田水穂,四賀光子夫妻の養子。昭和3年「潮音」にはいり,30年の水穂没後から編集,発行人,40年主宰をひきつぐ。また法大で中国文学をおしえ,24年同大教授。平成8年11月15日死去。87歳。長野県出身。東京帝大卒。本名は兵三郎。歌集に「国歩のなかに」「アジアの顔」など。
【格言など】たぎちつつ岩間を下る渓川(たにがは)の濁りもうれし春となる水(「国歩のなかに」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android