潮音(読み)チョウオン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐おん〔テウ‐〕【潮音】

海の波の音。潮声。海潮音。
仏・菩薩(ぼさつ)の広大な慈悲を大海の波音にたとえていう語。海潮音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮音
ちょうおん

短歌雑誌。1915年(大正4)太田水穂(みずほ)を主宰として創刊。水穂の歌論『短歌立言』(1921)に代表される理想主義的傾向の強い主張により、良寛(りょうかん)、芭蕉(ばしょう)、『新古今和歌集』に沈潜するにつれ、大正末から昭和初頭にかけて、万葉調写生主義、無産派短歌に対立し、日本的象徴主義を標榜(ひょうぼう)するに至った。第二次世界大戦後は新人の台頭もあり、西欧的象徴手法その他をも顧慮して、人事、社会面への深化拡充と相まって多彩な詠風を示している。1955年(昭和30)水穂没後、四賀光子(しがみつこ)、太田青丘(せいきゅう)(1909―1996)、太田絢子(あやこ)(1916―2009)、木村雅子(1948― )が引き継いだ。小田観蛍(かんけい)(1886―1973)、峯村国一(みねむらくにいち)(1888―1977)、葛原妙子(くずはらたえこ)、中城(なかじょう)ふみ子らを輩出。[太田青丘]
『太田青丘著『太田水穂と潮音の流れ』(1979・短歌新聞社) ▽『潮音83巻11号 太田青丘追悼特輯』(1997・潮音社) ▽伊東悦子著『潮音短歌百人百首』(2001・短歌新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐おん テウ‥【潮音】

[1] 〘名〙
① 海の波がうち寄せる音。潮声。海潮音。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉一三「潮音松籟比へ難き壮大無上の朗々たる声先づ頭上にありて」
② 仏語。仏・菩薩が、時に応じて衆生を導き恵みを与えることを、潮が時を定めて干満するのにたとえた語。海潮音。
[2] 短歌雑誌。大正四年(一九一五)太田水穂主宰で創刊。写実写生主義に対し日本的象徴主義を主張した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮音の関連情報