コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮音 チョウオン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐おん〔テウ‐〕【潮音】

海の波の音。潮声。海潮音。
仏・菩薩(ぼさつ)の広大な慈悲を大海の波音にたとえていう語。海潮音

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうおん【潮音】

海の波の音。潮声。海潮音。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮音
ちょうおん

短歌雑誌。1915年(大正4)太田水穂(みずほ)を主宰として創刊。水穂の歌論『短歌立言』(1921)に代表される理想主義的傾向の強い主張により、良寛(りょうかん)、芭蕉(ばしょう)、『新古今和歌集』に沈潜するにつれ、大正末から昭和初頭にかけて、万葉調写生主義、無産派短歌に対立し、日本的象徴主義を標榜(ひょうぼう)するに至った。第二次世界大戦後は新人の台頭もあり、西欧的象徴手法その他をも顧慮して、人事、社会面への深化拡充と相まって多彩な詠風を示している。1955年(昭和30)水穂没後、四賀光子(しがみつこ)、太田青丘(せいきゅう)(1909―1996)、太田絢子(あやこ)(1916―2009)、木村雅子(1948― )が引き継いだ。小田観蛍(かんけい)(1886―1973)、峯村国一(みねむらくにいち)(1888―1977)、葛原妙子(くずはらたえこ)、中城(なかじょう)ふみ子らを輩出。[太田青丘]
『太田青丘著『太田水穂と潮音の流れ』(1979・短歌新聞社) ▽『潮音83巻11号 太田青丘追悼特輯』(1997・潮音社) ▽伊東悦子著『潮音短歌百人百首』(2001・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

潮音の関連キーワードブッセ(Carl Busse)Karl Busse芭蕉俳諧の根本問題山口県周南市鹿野上プートー(普陀)山高橋英吉(2)井戸川 美和子川添 ゆき子井戸川美和子宮原 阿つ子長谷川時雨葛原 妙子宮原阿つ子倉地与年子築き上げる川添ゆき子太田青丘智慧諦定峯村国一米倉久子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮音の関連情報