太陽族(読み)たいようぞく

精選版 日本国語大辞典「太陽族」の解説

たいよう‐ぞく タイヤウ‥【太陽族】

〘名〙 昭和三〇年(一九五五)に発表された石原慎太郎小説太陽の季節」が広く読まれて流行した語。既成秩序にとらわれないで、奔放に行動する戦後派青年の典型の一つ。
※悪魔のような女(1956)〈角田喜久雄〉「当節のマンボ族太陽族という手合に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「太陽族」の解説

太陽族【たいようぞく】

夏の海辺などを舞台に奔放無軌道に行動する青年男女,転じて一般に行動派的なブルジョア子弟を意味した流行語石原慎太郎の芥川賞受賞作品《太陽の季節》(1955年)に由来

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の太陽族の言及

【太陽の季節】より

…ボクシング部に所属する高校生津川竜哉が,銀座で英子という娘と知り合い,残忍なやり方で〈愛して〉いくようすが描かれる。この小説は文壇的には不評だったが,翌年映画化され,その後石原の《処刑の部屋》《狂った果実》(ともに1956)なども映画化されて大ヒットし,〈太陽族〉という流行語が生まれたのちには,〈太陽族もの〉の元祖として広く読まれるようになった。いわばこの作品は,活字メディアではなく映像メディアによって作家が有名になる最初のケースを作ったわけである。…

※「太陽族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android