コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽道路 たいようどうろ

2件 の用語解説(太陽道路の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

たいようどうろ【太陽道路】

アメリカのモンタナ州グレーシャー国立公園内を走る道路。東西に公園を横断する、全長52kmの観光道路で、次々と現れる雄大な景色が飽きることなく続く。東からは草原をスタートして、美しいセントメリーレーク沿いに走る。この湖を過ぎると急な登り道になり、大陸分水嶺であるローガンパスに到達すると、周囲には美しい山々の眺望が広がる。ここからは下りに入り、渓流沿いの道を走ると、公園西側の代表的な湖、レークマクドナルドに到着する。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいようどうろ【太陽道路 Autostrada del Sole】

イタリアのミラノからローマを経てナポリに至る全長755kmの高速道路アウトストラーダ・デル・ソーレの訳で,イタリア高速道路の代表路線。1964年開通。イタリア半島のやや西側を南北に走る。第2次大戦後イタリア復興の基盤としての道路づくり計画〈ロミタ・プラン〉(1955)は,その主要課題の一つとして1956年から7年間に1070億円の事業費によって,この道路を建設することとした。建設の主目的は,南部の農業地帯からのEC(ヨーロッパ共同体,現EU)諸国への生鮮農産物の輸送と,EC諸国などからの観光客の誘致である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太陽道路の関連キーワードスカルラッティナポリスパッカナポリナポリを見てから死ねモンテナポレオーネ通りナポリタン・マスティフスパゲティ・ナポリタンナポリ風ミラノ風ローマ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone