コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良絵 ナラエ

大辞林 第三版の解説

ならえ【奈良絵】

室町時代から江戸中期にかけて作られた、お伽草子を中心に古物語・謡曲などを題材とした彩色肉筆の絵本の挿絵。興福寺などの絵仏師が描いたものとの説もあるが、呼称は明治以降のもので、奈良との関係はあきらかでない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奈良絵の関連キーワードバーバラ ルーシュ貴船の本地奈良(市)浄瑠璃物語十二段草子お伽草子七草草紙室町時代御伽草子竹取物語小栗判官酒呑童子鶴女房梵天国舞の本異類物奈良本丹緑本古物語赤膚焼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良絵の関連情報