奏任(読み)ソウニン

大辞林 第三版の解説

そうにん【奏任】

律令制下、官人任命形式の一。式部省(文官)、兵部省(武官)の選考に基づき、太政官の決定、天皇への奏聞を経て任命された。
戦前の官吏任命形式の一。内閣総理大臣の奏薦に基づき勅裁を経て任命すること。 → 勅任判任

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐にん【奏任】

〘名〙
① 令制で、官職の任命方法の一つ。補任者を太政官が天皇に奏上して任命するもの。勅任の下位、判任の上位。〔令義解(718)〕
② 明治官制の官吏任命の一形式。天皇が、内閣の奏薦により任命すること。また、それによって任ぜられた者。奏任官
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「官等十五を立られ、三等以上勅任、七等以上奏任(ソウニン)、八等以下判任と定られたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android