勅任(読み)ちょくにん

精選版 日本国語大辞典「勅任」の解説

ちょく‐にん【勅任】

〘名〙
① 勅旨によって官職に任ぜられること。また、その官職。令制では大納言以上、左右大弁、八省の卿、五衛府の督、弾正尹、大宰帥など。
※令義解(718)選叙「凡任官。大納言以上。左右大弁。八省卿。五衛府督。弾正尹。大宰帥勅任」
② 旧憲法のもとで、勅命によって高等官二等以上の官に任ぜられること。また、その官職。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)三四条「貴族院は貴族院令の定むる所に依り皇族華族及勅任せられたる議員を以て組織す」
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉二「馬車にめす勅任(チョクニン)さま、馬にのる奏任がた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android