コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契丹国志 キッタンコクシ

3件 の用語解説(契丹国志の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きったんこくし【契丹国志】

中国の歴史書。27巻。南宋の葉隆礼撰。1180年成立。契丹()の歴史を紀伝体で記述したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きったんこくし【契丹国志 Qì dān guó zhì】

契丹国(遼)の歴史を南宋の葉隆礼が勅命をうけて編纂した紀伝体の書。全27巻。葉隆礼の〈進書表〉には淳熙7年(1180)の日付があるが,葉隆礼は淳祐7年(1247)の進士で,少なくともそれ以後の成立。元初には知られず,元中期になって世に出た。《資治通鑑》続資治通鑑長編《新五代史》松漠紀聞》《燕北雑記》などの宋側の資料を使い,《使遼図鈔》《北遼遺事》などの逸書も引く。正史の《遼史》には見られない記事や見解がままある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きったんこくし【契丹国志】

契丹(遼)の歴史を中国側史料によって記した紀伝体の書。二七巻。南宋の葉隆礼の撰。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone