コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奪胎/脱胎 ダッタイ

デジタル大辞泉の解説

だっ‐たい【奪胎/脱胎】

[名](スル)
他人の詩文の発想・形式を取り入れて新しく自分のものを作ること。「換骨―」
ごく薄い土(たいど)に釉(うわぐすり)を厚く塗って磁器を作ること。また、その磁器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

奪胎/脱胎の関連キーワード代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛測量船(三好達治の詩集)『網走番外地』シリーズキム・バン・キェウ新皿屋舗月雨暈太平記忠臣講釈陽のあたる場所おもな四字熟語ノマディズム真正社会主義メキシコ美術河内山宗春シェーラー脱胎・奪胎ビュルガー中国共産党忽・惚・骨古典主義レオーネ矢作俊彦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android