女の平和(読み)おんなのへいわ

世界大百科事典 第2版の解説

おんなのへいわ【女の平和 Lysistratē】

前411年に上演されたアリストファネス作の喜劇。このころシチリア遠征に失敗したアテナイは,ペロポネソス戦争における主導権をすでに失っており,同年には,内政的にも,400人政権による民主政の破壊,さらにその400人政権の崩壊と激動が続き,アテナイ市民にとっては耐えがたい苦難の年であった。そのような状況を背景にして,戦争に嫌気がさして男どもに愛想をつかしたアテナイとスパルタの女たちが,男どもを拒んで政治の中心アクロポリスを占拠し,性的にも生活的にも政治的にも途方にくれた敵味方の男どもに,ついに平和条約を結ばせるという筋立て。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女の平和
おんなのへいわ
Lysistrate

古代ギリシアの喜劇詩人アリストファネスの喜劇。紀元前411年上演。ペロポネソス戦争が勃発(ぼっぱつ)して20年、何度か訪れた和平への期待はすべて裏切られ、アテネが国運を賭(と)して敢行したシチリア島大遠征(前415~前413)も惨敗の結果に終わった。しかし終戦への気運が動くどころか、アテネがなおも破滅への道をたどろうとしている時期に、この劇は書かれている。打ち続く戦争、夫や息子の出征、空閨(くうけい)を守らねばならぬ長き日々に耐えかねた女たちが、敵も味方もリュシストラテ(軍を解く女の意)の指揮のもとに集まり、男たちが戦争をやめるまで性生活を拒否することを決議する。しかし男たちはピケ破りを試み、女のなかにもスト破りを図る者が現れるが、結局この戦術が功を奏し、男たちも背に腹はかえられず、戦争を中止するという筋(すじ)である。旧作『平和』においてアリストファネスは、平和の実現こそが性的充足につながるという思想をうたったが、ここでは逆に、性的な飢渇状況を人為的につくりだすことにより、戦争から平和への転換を実現することを夢想しているのである。[中務哲郎]
『高津春繁訳『女の平和』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android