コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好仁親王 よしひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

好仁親王 よしひとしんのう

1603-1638 江戸時代前期,後陽成天皇の第7皇子。
慶長8年3月18日生まれ。後水尾天皇の弟。母は中和門院有栖川宮(ありすがわのみや)家の祖。慶長17年親王となる。寛永2年高松宮称号をうけ一家を創立。3代幸仁(ゆきひと)親王のとき有栖川宮と称号をあらためる。寛永15年6月3日死去。36歳。幼称は七宮,のち三宮。通称は永照院宮,花町宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

好仁親王 (よしひとしんのう)

生年月日:1603年3月18日
江戸時代前期の皇族。後陽成天皇の第7皇子
1638年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

好仁親王の関連キーワード後陽成天皇生年月日後西天皇

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android