如何にして(読み)イカニシテ

デジタル大辞泉の解説

いかに‐し‐て【如何にして】

[連語]《副詞「いかに」+動詞「す」(サ変)の連用形+接続助詞「て」》
手段・原因・理由についての疑問を表す。どうやって。「如何にして再興すべきか」
願望を表す。どうにかして。何としてでも。
「独りのみ思ふはくるし―同じ心に人を教へむ」〈後撰・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかにして【如何にして】

どのようにして。どうやって。 「 -この難局を乗り切るべきか」
願いを表す。なんとかして。 「 -都の高き人に(娘ヲ)奉らむと/源氏 明石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いかに【如何に】 して

(「いかに」にサ変動詞「す」の連用形「し」と助詞「て」の付いたもの) 連用修飾語に用いる。
① 手段、方法、原因を疑い問う意を表わす。どのようにして。どうして。なぜ。
※万葉(8C後)一四・三三七六(或本歌)「伊可爾思弖(イカニシテ)恋ひばか妹に武蔵野のうけらが花の色に出ずあらむ」
② 反語を表わす。どうして…か、どのようにして…か(どうにもならない、どうにもできない)。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「いかにして 思ふ心を のばへまし〈壬生忠岑〉」
③ 手段、方法を願い求める意を表わす。どうかして。なんとかして。
※万葉(8C後)七・一二二二「玉津島見れども飽かず何為而(いかにして)(つつ)み持ちゆかむ見ぬ人の為」
④ 不定のままの意を表わす。どうこうして。
※今昔(1120頃か)二六「本(もと)より何(いか)にして出来けりと不知」
⑤ なんとしても。いかにしても。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)二「目も鼻もなくつつへりとしたる㒵也。〈〉いかにして昼は見る事迷惑して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如何にしての関連情報