コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉津島 タマツシマ

5件 の用語解説(玉津島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たまつ‐しま【玉津島】

和歌山市和歌浦の地名。かつては島。玉津島神社がある。[歌枕]
「―見れども飽かずいかにして包み持ち行かむ見ぬ人のため」〈・一二二二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

玉津島

広島県福島市、鞆の浦南端に位置する無人島。鞆の港から防波堤づたいに徒歩で渡ることができる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たまつしま【玉津島】

歌枕。和歌山市和歌浦にあった島で,現在は陸続き衣通(そとおり)姫などを祭神とする玉津島神社が鎮座し,景観にすぐれた和歌浦の中核をなす地として,古く,聖武天皇などの行幸もあった。《万葉集》巻六に載る山部赤人の長歌に〈神代より然(しか)そ尊き 玉津島山〉と詠まれ,〈わたの原よせくる浪のしばしばも見まくのほしき玉津島かも〉(《古今和歌集》巻一,よみ人しらず),〈玉津島たえぬ流れを汲む袖に昔をかけよ和歌の浦なみ〉(《秋篠月清集藤原良経)など詠歌は多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たまつしま【玉津島】

和歌山市和歌浦の地名。かつては島で、和歌三神の一、玉津島神社がある。玉津島山。⦅歌枕⦆ 「わたの原よせくる浪のしばしばも見まくのほしき-かも/古今 雑上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉津島
たまつしま

和歌山市和歌浦の南部の地。かつては島であったが、いまは陸続きである。玉津島神社があり、天皇の行幸が多く、聖武(しょうむ)天皇行幸の際に山部赤人(やまべのあかひと)が詠んだ長歌にもその名がみえる。神社の背後に奠供山(てんぐやま)、また付近に妹背山(いもせやま)、観海閣などの名跡が多く、歌枕(うたまくら)として『古今集』『後撰(ごせん)集』などにも詠まれている。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉津島の関連キーワード和歌浦和歌山市和歌山大学竈山和歌山公園動物園近鉄百貨店 和歌山店和歌浦ベイマラソンwithジャズわかちゃん和歌山タカシマヤ御園鶴

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉津島の関連情報