コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉津島 タマツシマ

デジタル大辞泉の解説

たまつ‐しま【玉津島】

和歌山市和歌浦の地名。かつては島。玉津島神社がある。[歌枕
「―見れども飽かずいかにして包み持ち行かむ見ぬ人のため」〈・一二二二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

玉津島

広島県福山市、鞆の浦南端に位置する無人島。鞆の港から防波堤づたいに徒歩で渡ることができる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまつしま【玉津島】

歌枕。和歌山市和歌浦にあった島で,現在は陸続き。衣通(そとおり)姫などを祭神とする玉津島神社が鎮座し,景観にすぐれた和歌浦の中核をなす地として,古く,聖武天皇などの行幸もあった。《万葉集》巻六に載る山部赤人の長歌に〈神代より然(しか)そ尊き 玉津島山〉と詠まれ,〈わたの原よせくる浪のしばしばも見まくのほしき玉津島かも〉(《古今和歌集》巻一,よみ人しらず),〈玉津島たえぬ流れを汲む袖に昔をかけよ和歌の浦なみ〉(《秋篠月清集》藤原良経)など詠歌は多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たまつしま【玉津島】

和歌山市和歌浦の地名。かつては島で、和歌三神の一、玉津島神社がある。玉津島山。⦅歌枕⦆ 「わたの原よせくる浪のしばしばも見まくのほしき-かも/古今 雑上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉津島
たまつしま

和歌山市和歌浦の南部の地。かつては島であったが、いまは陸続きである。玉津島神社があり、天皇の行幸が多く、聖武(しょうむ)天皇行幸の際に山部赤人(やまべのあかひと)が詠んだ長歌にもその名がみえる。神社の背後に奠供山(てんぐやま)、また付近に妹背山(いもせやま)、観海閣などの名跡が多く、歌枕(うたまくら)として『古今集』『後撰(ごせん)集』などにも詠まれている。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玉津島の関連キーワード和歌山県和歌山市和歌浦中式乾門院御匣和歌山(市)広島県福山市磨く・研く北村湖春北村季吟二条良基冷泉為秀冷泉為村二条為氏嘉辰令月森河章尹北村正立中山定宗オンリー和歌三神家の道衣通姫業平餅

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉津島の関連情報