コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如信 にょしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如信 にょしん

1235-1300 鎌倉時代の僧。
嘉禎(かてい)元年生まれ。浄土真宗本願寺2世。幼時から祖父親鸞(しんらん)に教えをうけ,のち父善鸞とともに関東で布教。陸奥(むつ)白川郡(福島県)に願入寺を創建し,弘安(こうあん)10年京都で3世覚如(かくにょ)に法をつたえる。晩年は常陸(ひたち)(茨城県)金沢の草庵に退隠した。正安(しょうあん)2年1月4日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

如信

没年:正安2.1.4(1300.1.26)
生年:嘉禎1(1235)
鎌倉中期の真宗の僧。本願寺2世。京都に生まれる。善鸞の子。幼少から祖父親鸞に教えを受け,建長年間(1249~56)のころ,父善鸞と共に関東に下向した。弘安10(1287)年に上洛して,本願寺覚恵,覚如父子に真宗の宗要を説いた。主に奥州白川郡大網(福島県)に住し,本願寺寺務に携わることはなかったが,3世覚如が『改邪鈔』で,法然,親鸞,如信と続く血脈の三代伝持を唱えたことから,本願寺の世代に数えられる。大網の坊舎は,のちに徳川光圀により取り立てられ,茨城県大洗町に願入寺として旧跡を伝えている。<参考文献>『大谷遺跡録』

(草野顕之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

如信の関連キーワードバタイユ(Georges Bataille)願入寺開基堂覚恵(1)隠し念仏覚如上人鎌倉時代きせる浄如

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android