コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如来禅 にょらいぜん

2件 の用語解説(如来禅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如来禅
にょらいぜん

菩提達磨が伝えた禅。中国,唐代の華厳宗の僧,宗密が称したのに始る。これに対して批判が起り,教外別伝を唱える人々は,菩提達磨の禅を祖師禅と称し,宗密のものを如来禅と風刺的に称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にょらいぜん【如来禅】

〘仏〙
如来が実践する禅法。楞伽経りようがきように説かれる四種禅の一。
達磨だるまの伝えた正系の禅。圭峰宗密けいほうしゆうみつが分類した五種の禅のうち、最上のもの。のちの禅宗では自己の禅を祖師禅と呼び、不十分な禅の蔑称として如来禅の語を用いた。如来清浄禅。 ↔ 祖師禅

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone