コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如来禅 にょらいぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如来禅
にょらいぜん

菩提達磨が伝えた禅。中国,唐代の華厳宗の僧,宗密が称したのに始る。これに対して批判が起り,教外別伝を唱える人々は,菩提達磨の禅を祖師禅と称し,宗密のものを如来禅と風刺的に称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にょらいぜん【如来禅】

〘仏〙
如来が実践する禅法。楞伽経りようがきように説かれる四種禅の一。
達磨だるまの伝えた正系の禅。圭峰宗密けいほうしゆうみつが分類した五種の禅のうち、最上のもの。のちの禅宗では自己の禅を祖師禅と呼び、不十分な禅の蔑称として如来禅の語を用いた。如来清浄禅。 ↔ 祖師禅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

如来禅の関連キーワード圭峰宗密

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android