コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如来禅(読み)にょらいぜん

大辞林 第三版の解説

にょらいぜん【如来禅】

〘仏〙
如来が実践する禅法。楞伽経りようがきように説かれる四種禅の一。
達磨だるまの伝えた正系の禅。圭峰宗密けいほうしゆうみつが分類した五種の禅のうち、最上のもの。のちの禅宗では自己の禅を祖師禅と呼び、不十分な禅の蔑称として如来禅の語を用いた。如来清浄禅。 ⇔ 祖師禅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android