コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖師禅 そしぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖師禅
そしぜん

六祖慧能系の五家七宗の南宗禅のこと。教外別伝不立文字を立て,師資相承して法を伝える禅宗の一つの流れ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

そしぜん【祖師禅】

〘仏〙 達磨だるまの禅宗のこと。また、六祖の慧能えのうの系統の禅(南宗禅)をいう。 ↔ 如来によらい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

祖師禅の関連キーワード如来禅如来祖師臨済

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android