コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如無 にょむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如無 にょむ

867-938 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)9年生まれ。藤原山蔭(やまかげ)の3男。法相(ほっそう)宗。元興(がんごう)寺の明詮(みょうせん)に入門。宇多(うだ)法皇の近侍僧となり,権(ごんの)律師をへて承平(じょうへい)元年大僧都(だいそうず)。公卿(くぎょう)の子弟で僧綱(そうごう)に任じられたのは,元慶(がんぎょう)寺の遍昭(へんじょう)以後はじめて。天慶(てんぎょう)元年8月10日死去。72歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android