コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如無 にょむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如無 にょむ

867-938 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)9年生まれ。藤原山蔭(やまかげ)の3男。法相(ほっそう)宗。元興(がんごう)寺の明詮(みょうせん)に入門。宇多(うだ)法皇の近侍僧となり,権(ごんの)律師をへて承平(じょうへい)元年大僧都(だいそうず)。公卿(くぎょう)の子弟で僧綱(そうごう)に任じられたのは,元慶(がんぎょう)寺の遍昭(へんじょう)以後はじめて。天慶(てんぎょう)元年8月10日死去。72歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

如無の関連キーワードミカエル3世サッファール朝ニコラウス1世フォティオス天慶相続放棄バシリウス1世ヤークーブ・イブヌル・ライスアナスタシウスニコラウス[1世]

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

如無の関連情報