コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

想像妊娠 そうぞうにんしんpseudocyesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

想像妊娠
そうぞうにんしん
pseudocyesis

ヒステリー性妊娠ともいう。実際は妊娠していないのに,妊娠を切望したり,過度に意識する婦人にまれに起る状態。妊娠とよく似た症状を示し,無月経となり,つわりを起し,乳房や腹部もある程度大きくなり,乳頭に着色,胎動の自覚などを示す。妊娠の早期診断が容易になってからは減少した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうぞう‐にんしん〔サウザウ‐〕【想像妊娠】

実際には妊娠していないのに、妊娠していると思い込み、月経停止・つわりや乳房が膨らむなどの徴候を示すもの。妊娠していないことがわかると徴候は消失する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

想像妊娠【そうぞうにんしん】

偽妊娠とも。妊娠を強く望むか,また逆に強く恐れている神経質な女性に現れる心身症状。妊娠していないのに月経閉止つわり子宮内膜の分泌増加,乳頭・乳輪の変化,初乳の分泌,腹部の膨満,胎動の自覚などが起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうぞうにんしん【想像妊娠 spurious pregnancy】

妊娠を切望したり,あるいは極端に恐れている女性に,実際は妊娠していないのに,妊娠性の自覚的・他覚的徴候がみられ,みずから妊娠したとの錯覚に陥った状況をいい,偽妊娠pseudocyesisともいう。このような患者では,無月経や脂肪沈着とか腸内ガスによる腹部膨満や,乳房の肥大,分泌や,乳頭,乳輪,腹壁正中線などの色素沈着の増加がみられることがある。大多数の例でつわりがみられるが,精神的原因によるものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうぞうにんしん【想像妊娠】

妊娠を切望あるいは恐れる婦人に時折みられる現象。無月経や悪阻つわり、胎動の自覚、乳房の腫大、初乳の分泌などを呈するが、妊娠反応は陰性である。偽妊娠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

想像妊娠
そうぞうにんしん

更年期に近い女性あるいは若い女性が異常と思えるほど妊娠を渇望したり恐れて避けたいと思っているときにみられるもので、実際には妊娠していないのに妊娠時に現れる諸症状を訴え、本人が妊娠を信じるようになっている場合をいう。
 かつては偽(ぎ)妊娠ともよばれ、産婦人科領域における心身症の代表例のように考えられていたが、現在では妊娠判定の検査法が進歩して妊娠6~8週という早期段階に適確な判定ができるようになり、また妊娠8週では超音波心音計によって胎児心音を証明できるため、想像妊娠はすでに過去のものとなっている。すなわち、妊娠していないことが確認されれば、症状はすべて消失する。なお、これとはまったく別に、卵巣機能不全などにより偽妊娠症状を呈したり、治療などのために薬剤(ピルなど)を投与して偽妊娠状態をおこすことがある。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

想像妊娠の関連情報