コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙超 みょうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙超
みょうちょう

[生]弘安5(1282)
[没]延元2=建武4(1337)
南北朝時代の禅宗の僧。臨済宗大徳寺派の始祖。姓は紀氏。号は宗峰。 11歳で天台宗円教寺に入り,のちに禅に転じて,万寿寺建長寺で修行。南浦紹明法嗣となり,京都紫野に大徳寺を建立。花園上皇より興禅大燈国師の号を賜わった。著書に『語録』『夜話記』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

妙超【みょうちょう】

宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の妙超の言及

【宗峰妙超】より

…臨済宗の僧。大灯国師。播磨の紀氏の出身。11歳のとき書写山円教寺に入って天台宗を学んだが,のちに鎌倉万寿寺の高峰顕日に参じて禅を修めた。しかし,和様化したその禅風に飽き足りず,1305年(嘉元3)新帰朝僧の南浦紹明(なんぽしようみよう)について大陸禅を学び,ついにその法をついだ。正中の宗論に際して,通翁鏡円の侍者として参内し,玄慧(げんえ)法印ら南都北嶺の学匠たちを論破したことは有名である。のち東山の雲居(うんご)菴に隠棲すること20年,やがて24年(正中1)京都の紫野に大徳寺を開創した。…

※「妙超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妙超の関連キーワード南浦紹明(なんぽじょうみょう)大灯国師・大燈国師大灯語録・大燈語録大徳寺方丈庭園南北朝時代大徳寺文書白翁宗雲虎渓道壬関山慧玄雲山宗峨京都五山鎌倉五山花園天皇赤松則村海岸了義月林道皎授翁宗弼徹翁義亨大灯国師大灯語録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android