コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妬し/嫉し ネタシ

2件 の用語解説(妬し/嫉しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねた・し【妬し/嫉し】

[形ク]
うらやましくねたましい。また、ねたましく思われるほどすばらしい。
「心にくく―・き音(ね)ぞまされる」〈・明石〉
憎らしい。残念である。
「哀れなるかな、―・きかな、我が大師、何の過(とが)在(まし)まして」〈今昔・一二・一三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねたし【妬し】

( 形ク )
(他人のしたことが)憎らしい。しゃくにさわる。 「かくあさましくもてきたる事を-・く思ひ/竹取」
(自分のしたことが)残念だ。悔しい。 「 - ・き、言はざらましものを、とくやしがるうちに/土左」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone