コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妬し/嫉し ネタシ

2件 の用語解説(妬し/嫉しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねた・し【妬し/嫉し】

[形ク]
うらやましくねたましい。また、ねたましく思われるほどすばらしい。
「心にくく―・き音(ね)ぞまされる」〈・明石〉
憎らしい。残念である。
「哀れなるかな、―・きかな、我が大師、何の過(とが)在(まし)まして」〈今昔・一二・一三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねたし【妬し】

( 形ク )
(他人のしたことが)憎らしい。しゃくにさわる。 「かくあさましくもてきたる事を-・く思ひ/竹取」
(自分のしたことが)残念だ。悔しい。 「 - ・き、言はざらましものを、とくやしがるうちに/土左」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妬し/嫉しの関連キーワード羨ましい悩ましい痛ましい恨みがましいけたたまし・い嫉まし妬げ妬ましい物羨み