コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻問婚 つまどいこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻問婚
つまどいこん

妻方に婚舎をおき,夫がその家に通う婚姻の形式。訪妻婚ともいう。昼間は夫婦別々で,居住を異にするのが普通である。日本では飛騨の白川村の例が有名であるが,世界各地で広くみられる婚姻形式である。インドナヤール族のような母系社会でよくみられ,子女は母の氏族に属し,夫は毎晩妻のところに通い,翌朝自分の家に帰って労働を行う。このほか妻問婚を一定期間,たとえば初子が生れるまでとし,それ以後は夫方の家で夫婦生活をおくる例もしばしばみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つまどい‐こん〔つまどひ‐〕【妻問婚】

婚姻形式の一。夫婦が結婚後も同居せず、夫が妻の家に通うもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つまどいこん【妻問婚】

夫婦が同居せず、夫が妻の家を訪れる婚姻形態。 → 婿入り婚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報