コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻木貞徳 つまき さだのり

1件 の用語解説(妻木貞徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妻木貞徳 つまき-さだのり

1544-1618 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)13年生まれ。妻木広忠の子。美濃(みの)(岐阜県)妻木の領主で,織田信長の馬廻をつとめる。本能寺の変ののち隠居したが,関ケ原の戦いでは西軍の美濃岩村城主田丸直昌(なおまさ)とたたかい功をたてた。元和(げんな)4年2月13日死去。75歳。通称は源二郎,伝兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妻木貞徳の関連キーワード如春尼自治体職員による被災地支援タッソフランソワ古田織部マロウィレム[1世]ミュンスター阿蘇惟豊勧修寺晴豊

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone