コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉小路昌家 あねがこうじ まさいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路昌家 あねがこうじ-まさいえ

?-1469 室町時代の公卿(くぎょう)。
姉小路家綱(一説に尹綱(ただつな))の子。康正(こうしょう)元年(1455)正三位,参議となり,飛騨(ひだ)(岐阜県)国司家の一流古河家を再興,嫡流の小島家をしのいで,姉小路宰相家とよばれる。京都にすんだが,応仁の乱で近江(おうみ)(滋賀県)にのがれ,文明元年死去した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

姉小路昌家の関連キーワード姉小路家綱姉小路基綱室町時代公卿

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android