コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉小路昌家 あねがこうじ まさいえ

1件 の用語解説(姉小路昌家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路昌家 あねがこうじ-まさいえ

?-1469 室町時代の公卿(くぎょう)。
姉小路家綱(一説に尹綱(ただつな))の子。康正(こうしょう)元年(1455)正三位,参議となり,飛騨(ひだ)(岐阜県)国司家の一流古河家を再興,嫡流の小島家をしのいで,姉小路宰相家とよばれる。京都にすんだが,応仁の乱で近江(おうみ)(滋賀県)にのがれ,文明元年死去した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

姉小路昌家の関連キーワード能阿弥快元ベレンの塔文明堀部邸応仁興正寺豪徳寺シク教日枝神社

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone